時間

SchoolSchool / Woody H1


時間は常に日常生活でなくてはならないものです。なので時間をすぐにいつでも言えるような練習をします!
学校では常に、今何時?学校は何時から始まって、何時に終わる?などという質問を毎日、毎回言われますので覚えていきます。最初は数字を覚えてないと、時間は言えないのでできるだけ「1~12」だけでも数字を言えるようになると時間を言えるようになりますので、最初にこれだけは覚えてしまいましょう。数字も始めは難しいと思いますが、テストでは必ず時間の問題が出るのでここは重要です!!

<heureウール>時間
<minuteミニュット>分→時間をいう時は「分」と「秒」いう単語は言いませんが覚えておくとよいでしょう。
<secondeスゴーンド>秒

「Quelle huere est-ilケ ロゥール エ ティル?」今何時ですか?
「Il est ~ heure(s)イ レ ~ ウール」~時です。
「midiミディ」12時(昼)
「minuitミニュイ」0時(夜中)
「demiドゥミ」半
例)
「Il est trois heures et trenteイ レ トロワズール エ トラントゥ」または「Il est trois heures et demiイ レ トロワズール エ ドゥミ」(3時30分)
「Il est midiイ レ ミディ」(お昼です)
「Il est cinq heures moins le quartイ レ サンクール モワン ル カール」(4時45分)

※15分のことを「quartカール」、半のことを「demieドゥミ」、45分(~の15分前)を「moins le quartモワン ル カール」と言います(これはマイナス15分前という意味です)、でもこの単語類はキチントした場所では使われないフランス語だそうで、ラジオやテレビと言った公共の場所では15分のこは「quinzeキャーンズ」、30分は「trenteトラントゥ」、45分は「quarante-cinqキャラントゥ サンク」と言われます。親しい友人や、家族内での会話では使ってOKです。

◆学校で習う事オススメページ一覧◆